リサイクルは日本だけ?海外の事情をみてみよう

日本以外の国のリサイクルは?海外の事情をみてみよう

リサイクル教育に励むドイツの状況

普段リサイクルを意識するのはどんなときですか。
飲み終わったペットボトルを専用のごみ箱に棄てることも広い意味でリサイクルです。
また実際にリサイクルショップに持ち込みすることももちろん立派なリサイクルですよね。
そうした身近なところからはじめて、今回は海外においてはどんなリサイクルがなされているかを一緒に見てみませんか。
所変われば事情も変わり、人々の意識ももちろん違います。
そんな中、とても素敵なリサイクルの取り組みをしている国がいくつもあります。
そこから学べることはたくさんあります。
またこれからやってみたいことも見つかるかもしれません。
いくつかの国では地域ぐるみで、もしくは国を挙げて、努力した結果が現在に実ったという例もあります。
個人個人の考え方や行動が変わることで、また小さな取り組みが折り重なることで、とても良い状況になっています。
リサイクルが習慣となれば、自分の身の回りだけでなく環境にも良いことは言うまでもありません。
わたしたちひとりひとりの力は小さく感じるかもしれませんが、世界に目を向けたとき、それは大切な力のひとつだと気付かれるでしょう。
特徴的なリサイクルの取り組みをしている国をいくつか取り上げて、そこから学べることをこのサイトで考えていきます。
それぞれの国で払われている努力と実際の取り組みについて知ると、「もっとなにかできるのではないか」と考えさせられるかもしれません。
少しでも皆さんの心の糧になり、またリサイクルへの気持ちが向上しますように。

TOPへ戻る